塩ちゃんこ(仮)

L'ArcとMUCCと∞とgrgmの生きたATMの遊び場

ギルガメッシュの終わりと未来を経験して

生きています ご無沙汰しております

失意のブログからはや数ヶ月
あれから気管支炎になったり、各地遠征したり、足の指骨折したり、有給使ってイベント行ったりとライブと虚弱のミルフィーユみたいな生活を送っていました

彼らの終わりが非常に清々しかったので7月10日ライブ後の喪失感よりもその後のポイント、ポイントの方がじわじわとメンタル削られたのはまた別の記事で…
とうとう推しの肩書きが「元ギルガメッシュ」プラス「社長」になってしまいました
2月の私に伝えたら「何言ってんのwwwww」と草生やされそうですが、人生って濁流に飲まれるように進んでいくのかなとぼんやりと思っています
ヲタクへっぽこ会社員の私の人生は今の所、小川のようにちょろちょろしたものですが

前回の記事の最後の問いかけ
『7月11日にどんな景色が見えているんだろうか』
に答えを出すなら
『7月10日が終わっても世界は変わらず回っている』
かなぁと思います

使い古されてよく聞く言葉ですけど本当に自分の気持ちなんて関係なく解散直後世界「は」回っていました。
終わりたくないのに勝手に終わるし、次の日相変わらず仕事だし
清々しい中にも心は痛かったのに勝手に日々が過ぎていきますし
上記のメンタルを削られる場面場面でも心が置き去りで日々だけがただただ過ぎていくなと感じていました。

時が経って、また曲を聞いて、彼らの言葉を読んで咀嚼して
今はようやく自分の心の折り合いが付いたのかなと。
どうして?なんで?からようやく抜け出せたのかなと思います
まあ決定打はDVD BOXのブックレットのインタビューを読んで、なのですが。
本人の言葉に勝るものはありませんでした
以前より穏やかな気持ちで曲を聞けるようになりました。
DVDの本編はまだ見れてないんですが、更に言ったら最後の楽曲も聞けていないお豆腐メンタルなのですが、ゆっくりと彼らの生きざまをバンドの曲たちを消化していこうと思っています

でもやっぱり「あー活動してたら今頃何してるかな?ツアーかな?アルバム制作かな?」と妄想してみたり、
ビジュサミやらJACK IN THE BOXやらCOMMUNEやらこのイベント出れたよね!!!!ねぇ出れたよね??
みたいな事が多々ありすぎるんですけどそこら辺は辛いながらも妄想楽しい位にまで昇華してしまっているのでドMの遊びということでたぶん治りません。

終わって一段落して各々が別の道で歩んでいこうとしているのにこんなこと言うのもアレなんですが、
今は彼らが戻ってくる日を心待ちにしています。
ルート14かな?ピリオド打ったZepp ダイバーシティかな?とか色々と答えのない妄想をクルクルと楽しんでいます。
ムックの69歳ムックの日ライブだったりと、元々ヲタク的死ねない理由はそこそこあったんですがそれに1ページ加わりました
ギルガメッシュをまたこの目で見るために頑張って生きていこう
そんな希望に溢れた景色見てるよ、解散発表直前の自分

何年か後か、来るかも分からない未来が今から楽しみです
ネバエンでモッシュしたいんだけど体力は残っているのだろうか?
おまささ1曲耐えきる位は残っててほしい
まずは日頃の不摂生どうにかして虚弱治さねばと思いつつ遠征するには食費しか削れない…とギリギリでいつも生きています
ギルガメッシュの曲たちを生かすも殺すも我々次第
らしいのでまずはしっかりご飯食べて、生きて預かった可愛い曲たちを彼らに返すまで養っていこうと思います